環境への取り組み

Environmental Vision

大和情報サービスは、「地球環境を守ることは、施設としての社会的責務の一つである」という認識のもと、環境に対する
基本的な考え方を示した「環境方針」を制定し、その遂行に向け全社を上げて環境保全活動に取り組んでいます。

  • 1. 事業活動プロセスにおける環境負荷の低減

    すべての事業活動の各段階で、環境への影響を事前に把握し継続的に改善することにより、環境負荷の低減及び汚染の予防に努めます。

  • 2. 環境関連法規制等の遵守

    適用を受けるすべての法律、条例、及び当社が同意した利害関係者の要求を遵守し、社会から信頼される企業市民であるよう努めます。

  • 3. 環境自主行動計画の策定と見直し

    すべての事業活動が与える影響を定量的に把握し、最も重点的に取り組むべき環境影響を特定し、適切な環境目的、目標、及び計画を策定します。なお、これらは定期的または必要に応じて見直すものとします。

  • 4. 環境マネジメントシステムの構築と継続的改善

    すべての事業活動における環境汚染の予防を推進すると共に、環境マネジメントシステムの構築と継続的改善を図ります。

  • 5. 自然エネルギー・省エネ機器の導入

    東日本大震災以後、日本のエネルギー状況は大きく変化しました。エネルギー供給が大幅に減少し、使用できるエネルギーの節約が社会から強く求められています。 永続的なエネルギー使用量の削減のために、太陽光発電・LED照明等の導入を図ります。

  • 6. 教育・訓練

    教育・訓練を定期的に実施することにより、環境問題に対する意識の醸成を図り、日常業務に反映させるよう努めます。

  • 7. 社会貢献

    地域社会とのコミュニケーションを積極的に図り、地域環境の保全に貢献していきます。

「RE100」の目標達成に向けて

大和情報サービスは、大和ハウスグループの一員として「RE100」の達成に向け、
全社を上げて再生可能エネルギーのさらなる活用の推進を図ります。

大和ハウスグループ「RE100」の目標

■ 2030年までに、自社電力使用量を上回る再生可能エネルギーを発電。
■ 2040年までに、自社が使用する電力の100%を自社発電による再生可能エネルギーで調達。

※「RE100」(Renewable Energy100%の略称)とは、国連気候変動枠組条約「COP21」のパリ協定達成を目的に、脱炭素化を推進する国際環境NGOグループ(The Climate Group)が運営する国際イニシアティブです。

省エネルギー

大和情報サービスでは、自社の運営管理商業施設におけるLED照明の推進を始め、空調機の省エネルギー化やトイレの節水装置の導入など、積極的に省エネルギー対応に取り組んでいます。

LED照明採用と
省エネルギーの取り組み

電力使用量の恒久的な削減のため、外灯・共用部照明・看板灯にLED照明を設置。従前のタイマー制御だけではなく照度センサーとの併用で、周囲が暗くなったことをセンサーが感知して初めて点灯する方式を採用しています。照明のLED化により、照度は以前と変わらず、消費電力は1/3以下に削減しています。

LED照明採用と省エネルギーの取り組み

再生可能エネルギー

現在、大和情報サービスは28ヶ所の商業施設の屋根上及び地上に太陽光発電設備を設置しています。規模としては、総発電容量が11,207kWで、年間約5,400トン(2018年実績)のCO2削減に貢献しています。今後も再生可能エネルギーによる発電量を増やすため、2021年には「施設数37施設、総発電容量13,100kW」を目標に太陽光発電設備の設置を促進していきます。また、新たな取り組みとして2019年11月に風力発電所(58.5kW)を竣工及び稼働予定です。※2019年8月現在

大和情報サービスは、
次の目標を達成するため、
太陽光発電設備を設置しております。

1. 夏場のピーク時における消費電力を補填します。

夏は、晴れた日の12時から15時に使用する電力がピークを迎え、社会全体で最も電力が足りない時間帯になります。当社は、太陽光発電により社会全体の電力不足の解消に貢献します。

2. CO2を削減して、地球温暖化防止に努めます。

「アクロスモール守谷」の場合で、年間250トンのCO2削減を実現しています。

3. 環境対応企業として、環境教育を推進します。

太陽光パネルが発電する様子を、館内のモニターで確認できるようになっています。ご来店されたお子様が、太陽光発電の仕組みを理解するための教材としてご利用いただくなど、環境対応企業として地域社会における環境教育にも寄与いたします。

再生可能エネルギー

その他の取り組み

上記掲載の「省エネルギー」及び「再生可能エネルギー」への取り組みを始め、大和情報サービスでは環境と地域社会への貢献を重視した様々な取り組みを考え、実践しております。

img

地域社会とのコミュニケーション(地域貢献活動)

管理施設の植栽スペースへ、施設近隣保育園の園児の皆様と一緒にお花の球根の植え付け活動を行いました。

img

寄付型自動販売機の導入

飲料を購入することで、同時に各団体への寄付を行うことができる自動販売機を、当社管理商業施設へ設置しています。

img

グリーン購入の促進

環境教育の一環として、グリーン購入(環境負荷の少ない製品を購入)を全社で推進。2018年度はグリーン購入率49%を達成。さらに、2021年度には60%を目標としています。

img

ECO検定の取得

環境対応企業として、全社でECO検定の受験を推進。2019年は全正社員の70%以上が「エコピープル」に。さらに、2021年には入社2年目以降の全正社員100%を目標としています。

その他、間伐材を使用した建築資材の導入や、全社で環境標語コンクールや本社ビル周辺の清掃活動なども行っています。

Company info

お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

03-5214-2937

受付時間 : 10:00~17:00
(土日祝日年末年始除く)

Webフォームでのお問い合わせ

お問い合わせのご案内はこちら