「私のキャリアアップ」インタビュー

トラブルを体験して成長した過去。
これからのテーマは「会社の未来を考える」。

PM営業/担当課長

2006年入社 新卒採用

私は不動産に関する資産管理を行うプロパティマネジメント事業を担当していますが、入社当時のPM事業は施設管理部門の一部であり人数も少なく先輩たちも事業がスタートしたばかりでノウハウがないという状況でした。一方で、入ったばかりで右も左もわからない新人であった私にも大きな物件を任せてもらえるチャンスがあり、自分としては成長につながったと思います。

私自身、先輩方からは「トラブルを楽しめ!」と教えられました。はじめは何を言っているんだろうという感じでしたが、経験とともに次第に言葉の意味がわかってきました。当時は、ノウハウもなく「何が起こるかわからない」状況だからこそ、不安も大きいですがいろいろな経験ができる。それをマイナスに取るのではなく楽しみながら仕事をしようということを伝えたかったんです。言葉の意味すらわかっていなかった私が、今では当時と状況は変わりましたが、部下たちに同じ言葉を伝えるようになっているんですから面白いですよね。

以前までは「自分の仕事」が第一で、とにかくスキルを上げたいという思いが強くありました。それが後輩たちも増えてきて、管理職として何年か経つうちに「事業として、会社としてどうなっていきたいのか」というテーマへ変わっていきました。特に私の場合は人数も少ないPM事業の立ち上げ時から携わってきたこともあり、社会人として私を育てくれた実家のような感覚があります。職場への愛着が大きいからこそ、こうした考えになっていったと思います。

私の経験でもそうでしたが、入社して間もない時期から大きな仕事を任せてもらえてやりがいもあり、わからないことがあれば先輩や上司に気兼ねなく相談できます。また、何事もまずはチャレンジしてみようという社風なので、意欲的に頑張りたい方や主体的に動ける方はぜひ一緒に働きましょう。

その他関連コンテンツ