事例紹介

img【建物区分サブリース】オフィスビルの余剰区画活用

敷地面積 1,000㎡(302坪)
延床面積 4350㎡(1,315坪)
サブリース面積 4000㎡(1,210坪)
建物概要 鉄骨造 地上8階建
建物用途 オフィスビル

プロジェクトの背景

お客様(法人)が手狭になった事務所の移転を計画し、地下鉄駅至近の優良立地に土地を購入されました。
購入された土地は資産価値が高いため、建蔽率・容積率等において最大ボリュームで建築を計画されましたが、結果、自社では使いきれないフロア・区画が発生。
不動産活用は本業ではないため、テナントの管理や手間をアウトソーシングでき、複数のフロア・区画を1社でまとめて借り上げることができる借主を探していました。

ソリューション(課題解決)のポイント

● 余剰となっている複数階・複数区画に対し、大和情報サービスによる一括借り上げを実施。
● お客様の事務所を含めた建物1棟の建物施設管理も大和情報サービスにて受託。

ソリューションメニュー導入後の成果

賃貸管理、施設管理の窓口が一本化できたことで、不動産活用の手間を軽減でき、安心して本業に専念できる様になりました。
また、大和情報サービスの賃借区画からの賃料収入を、建物新築費用の返済原資とすることができました。

Other Case Study

Service

お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

03-5214-2937

受付時間 : 10:00~17:00
(土日祝日年末年始除く)

Webフォームでのお問い合わせ

お問い合わせのご案内はこちら